| CELA水生成時の取組と安全・衛生管理・災害対策 |

工場内を密閉遮光した空間でCELA水を生成しています。
工場には紫外線や埃、虫等の侵入を防ぐ為、窓がありません。

生成時には、出入口がある事務所との境目に遮光カーテンを引いて、更なる紫外線、埃の侵入対策をしています。

電源を喪失した際は、蓄光シートにて避難誘導ができるようになっています。

生成時の換気と空間除菌。
工場内は密閉されている為、換気とCELA専用噴霧器にて常に空間除菌しています。
水道水と生成時のpH測定と塩素濃度測定。
CELA生成時に原水(水道水)のpHを測り、生成データは自動記録で保存しています。
また、異常や未承認生成を検知した場合は自動停止します。

生成したCELA水は、貯水タンクに保存する前に必ず塩素濃度を試験薬で検査し安全管理を徹底しています。

定期的なpHセンサーの点検

pH標準液によりpHセンサーに狂いがないか点検・検査をしています。

BIKEN独自の安全性と効果の確認
皆様に安全で安心してお使いいただく為に、自社生成したCELA水で数々のテストを行っています。
特に、人体・ペットへの安全性と効果について厳しくチェックしています。
災害や有事の際の対応

工場には、横3.4m×高さ2.4mのシャッターを完備しています。
1tトラックが直接入り、貯水タンクをそのまま乗せる事が可能で、災害や有事の際にも対応可能です。