私達に出来る事、それは「確かな安全と安心」をお届けする事。

  • 【新着情報】令和2年7月7日 NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構 消毒手法タスクフォース)公表
    濃度35ppm以上の次亜塩素酸水(電解・非電解)が、新型コロナウイルスの消毒に対して有効であることが確認されました 。
    外部リンクへ https://www.nite.go.jp/information/osirase20200626.html

| CELA水とは? |


CELA®(セラ)水とは、専任の取扱責任者IDにより厳重に監理されたCELA®生成機により生成されます。
(東北総合美研有限会社CELAメンテナンス資格者ID番号200261号・200262号)

生成方法は、食塩水などを電気分解して生成する電解水ではなく、次亜塩素酸ナトリウム(NaCIO)と希塩酸(HCI)を
今まで困難とされてきたpH(水素イオン指数)を特許技術(※)で制御する事により希釈混合させて生成します。
成分は、次亜塩素酸(HCIO)水になります。(※)ミツヤテック株式会社 特許第4413983号


また、有効塩素濃度(残留塩素濃度)生成時50ppmpH6.5±0.05と言う安定生成を可能にしたのがCELA®(セラ)です。

この『次亜塩素酸』ですが、人間の体内でもpH±0.05の狭い範囲で生成されていますので、小さな怪我をしても
細菌感染しないのは、血液中の白血球が次亜塩素酸や活性酸素が殺菌してくれているためです。
(ちなみにpH6.5は安静時に分泌される唾液のpH値です。)

CELA水は、分解速度が速い電解水と比べると、保存期間が未開封のキュービテーナーで約1年※と長期保存が可能で、
安全性・金属の腐食・使用後の拭取り不要という点から日頃の衛生管理を簡単で安全に行えます。

さらに、アルコール消毒液のように「刺激」「揮発性」「刺激臭」もありませんので、お肌が弱い方や、お子様、 高齢の方、ペットなどにも毎日安心してご使用いいただけます。

※紫外線により有効成分の分解(劣化)が促進される為、直射日光を避け冷暗所で保管してください。
※スプレーボトルに詰め替えて使う場合は、遮光性のあるボトルで3ヵ月程度を目安にご使用ください。
※メーカーの試験では50ppm・pH6.5 ±0.05で生成したCELA水を7年間倉庫に保存した物の成分確認をすると、
 25ppm pH7.2という効果と安全性を維持していることがわかりました。

 

| CELA水の安全性 |

 

CELA水は、有効塩素濃度(残留塩素濃度)が生成時50ppmなので、誤飲しても無害です。

 

人間やペットに対しては80ppmまでが安全の限度とされています。

有効塩素濃度(残留塩素濃度)が200ppm等の高濃度を希釈して使う場合、正確に希釈し使う場所を選ばないと
「効果はあるが危険」又は「安全だが効果が薄い」となります。
もちろん人体やペットに直接使ったりする事を前提にしていません。

また、噴霧器や加湿器の故障(塩素による浸食)や鉄部等の腐食を早めますので注意が必要です。

【環境への影響】
CELA(セラ)水は有機物に反応すると水に戻りますのでそのまま排水(下水道法規定範囲内)することができます。
環境にやさしく、周囲を汚染することはありません。 但し、合併浄化槽の場合、微生物を使っているため、大量のCELA水が一度に流れ込むと微生物が死滅してしまう可能性がありますので、少量ずつ、または希釈してから流してください。

 

CELA水は各検査機関での試験をして、安全性が立証されています。 <SDS(製品安全データシート) >

対   象 試験機関 試験結果
眼刺激性試験 日本食品分析センター 無刺激物
急性経口毒性試験 食品農医薬品安全評価センター 毒性は極めて弱い
皮膚一時刺激性試験 日本食品分析センター 無刺激性
全身吸引暴露による急性毒性試験 三菱化学メディエンス 変化は認められない

 

| CELA水の効果 |


菌・ウイルスのみに即反応し、不活化後はただの水になります。

CELA水は50ppmなのにハイターなどを希釈した次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸ソーダ)と比べ、その除菌効果は約8倍、除菌スピードは約80倍にもなり、空中に浮遊する菌やウイルスにも即反応して除菌します。


下図の通り、次亜塩素酸領域の中でも有効塩素存在百分率がl00%に近いところ(赤点線の除菌効果ライン上部)
が除菌効果が高くなります。

例えば、pH6.5±1.0の次亜塩素酸水の場合、安定しなければpH5.5~pH7.5と誤差が出てしまい、安定した除菌力が得られないのです。また、pH5.0付近が一番除菌効果がありますが、人体・ペットには向いていないのです。


CELA水は、pH6.5±0.05という極めて誤差が少なく安定して生成出来る特許技術で作られます。

そのため、除菌効果も常に安定していますので、安全かつ安心してご使用いただけます


参考【希釈タイプとの違い】
希釈タイプの物は、水道水で薄めますので水道水のpHや不純物により影響を受けやすく、スプレーボトルに入れ替える際に空間中の菌やウィルスと反応してしまい有効塩素濃度とpH値が変わってしまいます。

CELA水は希釈不要ですので、pHをキープしたまま除菌消臭ができます


下の写真は大腸菌試料液での試験結果です。

●セラ:濃度50ppm pH=6.5による検査データ
●試料液1mlをCELA(セラ)に添加 1分間放置後0.1mlを分種し培養

 

初菌数は108以上もあったものが、セラでは陰性になっています。

アルコール70%の場合では100%の除菌が行われていない事が分かります。

このテストでのアルコール除菌は、すぐに初菌数まで菌が増殖してしまいます。
一方、セラでは陰性になっているため菌の増殖はありません。

 

CELA水は各検査機関での試験をして、効果が立証されています。 <SDS(製品安全データシート)>

対   象 試験機関 試験結果 試験成績書発行番号
インフルエンザウイルス 日本食品分析センター 99.8%以上抑制 第09010212001-1号
 ノロウイルス
(ネコカリシウイルス)
日本食品分析センター 99.9%以上抑制 第208092266-001号
O−157大腸菌 日本食品分析センター 99.9%以上抑制 第208092266-002号
黄色ブドウ球菌 日本食品分析センター 99.9%以上抑制 第208092266-002号
スギ花粉アレルゲン 東京環境アレルギー研究所 99.5%以上抑制 №09M-RPTEDC020-1
ダニアレルゲン 東京環境アレルギー研究所 99.4%以上抑制 №09M-RPTEDC020-1

| CELA水に出来ない事 |

・CELA水は、菌やウィルス等の有機物にしか反応しません。
・芳香剤や香水、化粧品などの無機物の消臭は出来ません。
・カビの跡や汚れは落とせませんので予め洗浄してからお使いください。
・枕などの厚みが有る物は奥まで浸透するように多めに噴霧するか、洗浄してからお使いください。
・アルコールのように油汚れは落とせませんので、予め洗浄してからお使いください。
・ハイターのように漂白効果はありませんので、予め洗浄してからお使いください。
・病気や体質による臭いの原因菌は除菌できません。医療機関で診療してからお使いください。

| 危険又は効果がない次亜塩素酸水の見分け方 |

新型コロナウイルスの騒動に乗じて「次亜塩素酸水」と謳う商品が突然大量に出回りました。
安全性や効果が確認されていない商品も数多くあるので、正しい知識で商品を選び、正しく使いましょう。

(1)塩素濃度が80ppmを超える高濃度の次亜塩素酸水は使用場所や方法を製造元に直接確認する。
(2)pHの表記や塩素濃度ppmの表記がない次亜塩素酸水は使用しない。
(3)製造元や製造日の表記がない商品は使用しない。
(4)紫外線により有効成分が抜けるため透明の容器に入っている物は購入しない。
(5)生成方法が表記されていない商品は使用しない。
(6)第三者機関による試験で安全性が確認されていない商品は使用しない。
(7)pHのブレ幅が広い商品は、製造元に使い方や効果を直接確認をする。

【ご注意!!】
※次亜塩素酸ナトリウムの希釈液は次亜塩素酸水とは全く別物です! 
非常に人体に有害なので、絶対に直接人体に触れたり吸引しないでください!

| CELA水の使い方 |

飲食店や食品加工場で
不特定多数の人が出入りし、食事をする際、マスクを外す必要がある飲食店では
日々の衛生管理がとても大変です。CELA水は希釈不要人畜無害なので、テーブルやイスから食品や調理器具まで安全で簡単に除菌・消臭できます。
また、食材を加工・洗浄する際にも安全にご使用いただけます。

※ハイターのように漂白作用が無いので黒ずみの漂白はできません。
※油汚れなどは、落とせませんので洗浄してからお使いください。
病院や治療院で
医療従事者の方々は、日々感染の恐れがある現場で働いています。

患者様を守る為、そして自分達を守るためにCELA水をスプレー除菌と噴霧器で
空間除菌し感染予防をしています。

また、モップにCELA水を浸しての水拭きや、調理室でも食中毒予防にCELA水を使っています。
介護施設で
ご高齢の方々は、若い方よりも免疫力が低くなっていますので、日々の衛生管理はとても神経を使います。

また、入所されている方々と接触する時間も長い為、従事者の方々にも感染リスクが高まります。

その為、介護浴槽や感染症予防・食中毒予防・排泄物処理時の除菌消臭にもCELA水が使われています。
幼稚園・保育園・学校・学習塾で
常に人が多く免疫力が低いお子様達は、感染確立が高い環境下で学んでいます。

ノロウイルスやインフルエンザをはじめ、RSウイルスやマイコプラズマ、
また給食ではO-157など年間を通して感染症のリスクが高いです。

学校では保健室、塾では各教室に加湿器でCELA水を噴霧して感染予防をしてます。
美容室・サロン・理容店で
お客様と密接する時間が特に長い業種では、お客様とご自身を守る為に日々の衛生管理がとても重要です。

室内の空間除菌はCELA水を入れた噴霧器で、その他の場所はスプレーボトルで
除菌しています。
動物病院やペットショップで
体臭や、散歩で外部からそのまま出入りする動物病院では、毎日の除菌消臭が必須です。

また、アルコール消毒がペットに好ましくないため、CELA水が使われています。

【ご注意】塩素が入っている観賞用水槽等には使用できません。
宿泊施設で
国籍や人種の違いなど様々な人々が宿泊する施設では、チェックアウトからの除菌消臭のスピードが一番重要です。

ハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムの希釈液と比較して、約8倍の除菌効果と80倍の除菌スピードがあるCELA水は大変ご好評いただいております。

ベット、ソファ、床、机、バス、トイレなど部屋丸ごと除菌消臭できます。
銀行・郵便局・コンビニで
不特定多数のお客様が訪れるATMでは、お客様が触るたびに操作パネルを除菌する訳にはいきません。

そこで、CELA水を超音波噴霧器にて常に除菌消臭する事を推奨いたします。
畜産業や養鶏場・生花店で
衛生管理がとても重要で大変な畜産業では、牛等を移動する事なく、CELA水を
空中散布して感染予防しています。
養鶏場などでは、出荷された卵の洗浄や、植物育成、野菜の洗浄などにも使われています。
浴槽・プール・温泉で
60℃加熱条件下でも熱的安定性がありますので、浴槽やプール・温泉にいれても大丈夫です。浴槽では湯気にCELA水が混じる事で、周囲のあらゆる雑菌の除菌が出来ます。
塩素消毒のプールでは、CELA水に変更した事によって肌荒れや目の充血が改善したという報告もあります。
温泉施設などでは、レジオネラ菌にも効果的です。
お車やご家庭で
お車などの狭い空間では、USBで接続する超音波加湿器が最も効果的です。
車内消臭やペットやお子様がいる空間も安全に除菌消臭出来ます。
※水分に弱い革製品や絹製品には変色の恐れがありますのでご注意ください。
衣服や革製品等にかける場合は、変色等しないか確認してからお使いください。